生涯、学習していきたい

2018年はプログラミング学習に凝っています。

「ランニングマン」を練習しよう

こんにちは、運動神経を母のお腹に忘れてきたらしいぽんきちさんです。

今日もヒップホップに挑戦中です。

 

f:id:ponnkichi:20180120152701p:plain

http://www.irasutoya.com/2016/07/blog-post_87.html

 (やっぱり画像にキャプションをつけると中央に寄るらしい…)

 

 前回、ヒップホップを練習したときに覚えた基本のステップ、「ランニングマン」。

 

ランニングマン

ponnkichi.hatenablog.com

 

 

前回の記事で、「ランニングマン」というステップを覚えたのですが

鏡(というか、ついていないテレビの画面)を見ながら

ランニングマンをしてみると、

どう見ても

「その場で動かずに走っている人」にしか見えません。

一体何がいけないのか?

(いや、いろんなものが全部いけないんだろうけれども)

そこで、今日はランニングマンの復習をしてみたいと思いました。

「正しいランニングマン」「間違ったランニングマン」

 

前回見た動画と同じ先生のステップを見て見ましょう。

 

f:id:ponnkichi:20171219214742p:plain「ええと…」

「足のひらきかたかな?」

 

 

 

びっくりするほど運動経験のない私にはよくわかりませんでした。

若い時、中学教師だったのですが

運動部の顧問だったのにこんな調子で、えらいこと大変でした(笑)

 

まちがいパターン

正しいパターンはステップが2回なのに対し、

まちがいパターンは、ステップが1回しかないのだそうです。

 

f:id:ponnkichi:20171219214742p:plain「へえ?」

 

(納得していない)

 

 

そもそもまちがいパターンもすごくリズム感がいいし、

とてもかっこよく見えます。

正しいパターン

正しいパターンはステップが2回。

 前の足が1回前に出るたびに

後ろ足は2歩下がるのです。

f:id:ponnkichi:20180123151403p:plain

(なんだこの絵とお思いでしょう。私も思いますがおつきあいください)

f:id:ponnkichi:20180123151619p:plain

f:id:ponnkichi:20180123151852p:plain

 

足を上げるときに

後ろになる足が1段階下がり、

前足が地面につくときに

後ろになる足が2段階下がるという感じです。

 

図でいうと、

1、2を繰り返す感じです。

(1コマ目は含まない)

 

なぜかその場で走っている人になってしまう問題

意味はわかったのですが、

私がやるとなぜか「その場で楽しく走っている人」になり

どうも踊っているように見えません。

 

何が違うのか。

 

動画と自分を比べた結果、

自分は

  • 上体が前に傾いている(から、走っているように見える)
  • かかとが上がりすぎ(だから、走っているように見える)

ということに気づきました。

上体を起こし、力を抜いて

かかとをつけぎみにすると若干よくなったような…気がします(自己評価)

 

相変わらず上半身の振り付けができない問題

動画の2分40秒くらいから、先生が手の振り付けを教えてくださっているのですが

自分がやるとまず、

  • 足のステップがおかしくなる

という問題が起こり、

続いて

  • 上下の手の動きはどじょうすくいにしか見えない
  • 前後の手の動きはベンチプレスにしか見えない

という問題が起こります。

こればかりはどうしようもない…(あきらめ)

 

毎日少しずつ練習して

「え!ぽんきちさんたら全然キャラが違うのに

ヒップホップを踊れるの?」とい人になろうと思います。

なれるんかな。