生涯、学習していきたい

2018年はプログラミング学習に凝っています。

ストレングスファインダーの活かし方を謎のポジティブマン、考える

数年前、

「ストレングスファインダー」を受けてみたら

「ポジティブ」が最上位だったぽんきちさんです、こんにちは。

 

 ストレングスファインダーを受けてみたお話はこちらです。

ponnkichi.hatenablog.com

 

「さあ、才能に目覚めよう」からはや数年、

才能ってなんだっけ。

 こんなことではいけません。

自分の資質がわかったのだからそれを活かしたい。

今回はその方法を考えてみることにしました。

 

ストレングスファインダーとは

前回も引用しましたが

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。 

ストレングスファインダーⓇについて | ストレングス・ラボ

 

自分の強みを知るためのものです。

 

  • 177この質問に答え
  • 34の資質のうち
  • 自分の上位5つを調べるもの

です。

ちなみに69ドル払えば34の資質が全部調べられるそうです

 

自分の特徴を、自分が知るためのものなのですね。

 

自分の特徴を知ること→他人は違う特徴を持っていると知ること

上位5つの資質を詳しく読んでいくうちに、自分の認知や行動特性がわかってきます。

 

私の1位は「ポジティブ」でしたが

自分のことをポジティブだと思ったことなど一度もありません。

しかし、解説を読んでいるとけっこう当てはまる部分が多くて納得。

ちゃんと読んでいなかったら「ポジティブ」というなんか前向きな言葉に引きずられて

中身をスルーしてしまうところでした。

 

自分が言語化できていなかった自分の特徴を教えてもらうのはおもしろいですね。

 

そして思いました。

自分の特徴を知るということは、

他人は自分とは違う特徴を持っているということを再認識することだな、と。

他人は、自分とはちがう認知特性、行動特性を持っているんですよね。

 

いや、すっごく当たり前のことなのですが、改めて思いましたよ。

 

 

他人と自分が違うことがわかる→相対的な価値に気づく

つまり、ストレングスファインダーは

「人はみんな違う」ということを知ることのできるツールというわけです。

(勝手な解釈)

 

人が一人で生きていくものなら、強みなんて知る必要はないのです。

人との関係性の中で生きているからこそ、強みを知ることが必要になってくるのです。

 

そして、その強みは

「他の人から見た相対的な価値」なんだなあと思うわけです。

 

(相対的な価値

例その1

テストが40点だったので落ち込んでいたが、周りの人はみんな10点代だったので

自分の40点はものすごく優秀な成績であることが判明した

例その2

周りはサービス残業をして当たり前、個人の都合よりも会社の都合を優先して当たり前という職場ばかりだから

人を大切にする会社が相対的に輝いて見える、など)

 

自分が持っているものの中で、相対的に価値のあるものがわかればしめたものです。

 

相対的な価値に気づくことができれば、売り込む場所が特定できる

相対的に価値のあるものがわかれば、

売り込む場所やものが特定できるというわけです。

例えば特性「ポジティブ」は

チームプレイをするときにチームを鼓舞するのに役立つでしょうし、

個人で仕事をするときには自分を励まし続けることができます。

 

特性「成長促進」は

まさに、人を育てる仕事に向いていると言えるでしょう。

 

周囲と比べて

相対的に価値のあるものを発見することは

差異を見極めることにも役立ちます。

 

人と自分との差異を見極められれば

才能をより尖った方向に磨いていけるし、

求められているものと現実の差異を見極められれば

現実の動かし方を極めていくことができます。

 

つねに、

他の人と違う部分が武器になるのです。

ストレングスファインダーは

自分にとっても武器を見極めるためのツールでもあるのです。

(勝手な解釈再び)

 

10代の子にもよさそうだよね

他の人と違う部分が武器になる、ということは

子供の社会で見られる同調圧力とは

まるっきり逆のベクトルになりますよね。

 

人と自分は違うということを知り、

それぞれに全く違う方向にいい面があることを実感するためにも

10代のうちに受けるのもいいかもしれませんね。

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0